• 2014.12.2

「今日はあの路線に乗務かぁ、嫌だなぁ」その理由は?

今日は早番勤務で市内線に乗務してます。早番は朝のラッシュが中心ですので出社時刻は5時台が多いですね。当然、起床時刻も3時台・4時台となるのですが、最近は冷え込みがきつくなってきましたから布団から出るのも一苦労です。

さて、今日は市内線を担当した私ですが、運転士の担当路線は「今日は市内線」「明日はコミュニティ」「明後日は市内線とローカル線」という感じでその日の行路によって変わっていきます。もちろん行路は事業者によって全く異なりますから、毎日同じ路線に乗務するところもあります。

ここで面白いのが運転士によって担当路線の「当たり外れ」の感じ方が全く異なる点です。

私の場合、都バスや市バスのように幹線道路を走る路線は嫌いで、それこそ1日数便しか走らないローカル線のほうが好きですね。幹線道路はストップアンドゴーが多いので運転が慌ただしくなるので嫌いです。

その点、ローカル線は市内に比べ信号も少なく流していけるので好きです。しかし、逆に「乗客が少なくてやりがいが無い」という理由でローカル線を嫌う運転士もいます。

他には「運行ダイヤにゆとりがない」とか、「外国人の利用が多くて対応が大変」ということも好き嫌いの理由になるのですが、「転回場にトイレがない」「MT車しか割り当てられないので疲れる」と言うちょっと変わったことも理由になりますね。

言いだしたらキリがないのですが、そんなことも考えつつ乗務している今日この頃です。

ちなみに明日も市内線です(-_-;)

LINEで送る
Pocket

関連記事

人気記事ランキング

新ブログの更新情報

ページ上部へ戻る