• 2014.12.15

留守電機能が無いスマホにアプリ以外でメッセージを残す方法

バスに限らず、車を運転中は携帯・スマホの使用はハンズフリーを除き禁止されています。そのため、休憩中にメールや着信の確認をするのですが、スマホユーザーの中には『留守番電話機能が無くて困っている』という方もいるのではないでしょうか?

スマホ本体に留守電機能が無くても、docomo・au・Softbankなどの大手キャリアでは留守番電話機能がオプションであるので「不便はないよ!」と言う方もいるでしょうが、UQ mobile・BIC SIM・BIGLOBE・ニフティなどの今話題の格安SIMでは留守番電話機能のオプションそのものがないことから、誰からどんな用件で掛かってきたのかわからず、着信履歴を見て戦々恐々とすることもあるのではないかと思います。

しかし、留守電機能がないスマホを使っているドライバーの方でも、実は簡単に留守電機能を実装できる裏ワザがありますので、今回はその方法について書いてみようと思います。

「それって、留守電アプリじゃないの?」

と思った方も多いはず。私も最初はアプリを探したのですが、実はアプリではありません。と言うよりアプリが無いのです! アプリが無い明確な理由はわりませんが、キャリア側の売り上げが落ちるから開発させないと言うウワサもありますが、いずれにしても「アプリが無ければもうダメか…」と、あきらめかけていたとき、「050ではじまるIP電話を活用すると留守電が実装できるよ!」との投稿を見かけましたのでさっそく調べてみました。

まず、「IP電話って何?」と思われた方のためにIP電話について解説すると、IP電話とはdocomo・au・Softbankと言った電波を使った電話ではなく、インターネット回線を利用した電話のことで、この回線を利用する端末の電話番号は050ではじまります。

そして、今回のポイントである留守電ですが、docomo・au・Softbankの留守電オプションと同じようなサービスをIP電話会社も扱っていますのでその機能を活用しメッセージを録音してもらいます。イメージは次の通りです。

IP留守番電話を活用したスマホ使用例

(1)スマホ側の不在転送機能をONにし、転送先をIP電話に設定しておく
(2)IP電話側の留守電設定をONにしておく
(3)スマホに着信
(4)一定時間に出なければIP電話に転送(不在転送)
(5)転送先のIP電話の留守電にメッセージが録音される
(6)メッセージが録音されるとその音声ファイルをメールで送信してくれる*
(7)メールに添付された音声ファイルを再生してメッセージを聞く*

と、このようなシステムです。

そして、今回おすすめするIP電話会社がFUSION IP-Phone SMARTと言いう会社で、なんと、先程紹介した留守電オプション・音声ファイルのメール送信サービスの他、初期費用・月額料金・留守番電話・非通知・指定番号の着信拒否も無料ですので驚きです。ちなみに携帯電話や固定電話への音声通話発信は8円/30秒ですからこちらも安いですよ。

IP留守番電話を活用したスマホ使用例会社紹介
*…(6)(7)はFUSION IP-Phone SMARTのサービスです。

スマホの転送機能の設定やIP電話の申込みなど多少の手間はかかりますが、実際、車の運転に入ると数時間はスマホを取り出すことはできませんから、格安スマホや格安SIMで留守電機能が無くて困っているドライバーの方はこのような裏ワザで機能を追加すると便利になると思います。

最後に、この方法は投稿時点では無料サービスとなっていますが、将来を保証しているものではありません。この他、スマホの機種やキャリアによって詳細は異なりますので、あくまで「こんな裏ワザがある」という程度でご覧ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

人気記事ランキング

新ブログの更新情報

ページ上部へ戻る