• 2015.1.22

小田急の粋なアナウンスを路線バスで実施したらどうなるか?

ここ最近、どこの路線バス会社も「マイクを使った車内放送」を推奨しています。推奨というよりほとんどマニュアルに書かれており「やりなさい」と強制されているのですが、みなさん放送って聞いていますか?

肉声で案内する放送と言えば…

「おまたせしました。□□行です」
「本日の担当運転士は○○営業所の△△です。安全運転に務めて…」
「ドアが閉まります」
「発車します。おつかまりください。」
「右(左)に曲がりますのでご注意ください。」
「まもなく○○です。ご利用ございませんか? お知らせがなければ通過します。」
「次、止まります。ドアが開いてから席をお立ち下さい。」
「お忘れ物のないようご注意願います。」

とまぁ、代表的な例を上げるとこのような感じです。新人の頃は言うことが多く「アナウンスをしている間に次のバス停に到着」「あれっ、この案内ってアナウンスしたっけ?」なんてことも多くありましたが、最近は自分のスタイルも定まり”苦”にはならなくなりました。

もっとも最近は、「どのようにアナウンスをしたほうが効果的なのかな?」ということを考えながらアナウンスをしています。ちなみに定型の文章はマニュアルで定められているのですが、細かな言い回し・突発的な出来事のアナウンス(事故による迂回運転など)・プラスアルファのアナウンス(乗り換え案内など)は運転士に任されています。

ちなみに私の場合は、一般的に使われる「ドア閉まります」というアナウンスは「ドア閉めます」と言うことが多いですね。別に京急の車掌さんをマネているわけではないのですが、実際、ドアを閉めているのが自分なので「ドアを閉めます」のほうがしっくりくるわけです。(このあたりはタモリ倶楽部並みのマイナーネタなので、わかる方だけで結構です…)

あと、私が京急式(←勝手にネーミング)にしているのは『注目』の効果を狙っている部分もあります。

先程の「ドアを閉めます」というアナウンスは京急以外あまり耳にする機会はないと思います。実際、私も愛知県に長く住んでいますが「ドアが閉まります」というアナウンスが当たり前だったので、京急の「ドアを閉めます」というアナウンスを聞いたときは「アレっ!?」と思いましたね。ただ、最近は「ドアを閉めます」も愛知県ではスタンダードになりつつあるので、注目度は下がってしまうかもしれませんが…

このように、いつもとは異なるフレーズやワンポイントを加えることによって、車内アナウンスの効果も増すのではないかと思います。実際、日テレ「月曜から夜ふかし」ではワンポイントを加えている小田急電車のアナウンスについて特集がありましたので、いくつかピックアップしてみました。

「皆さん、お疲れで眠い気持ちはわかりますが、乗り遅れ、乗り過ごしのないようご注意下さい。」

「間もなく終点、新宿です。本日もとても蒸し暑くなっております、この先もお気を付けて素敵な一日をお過ごし下さい。」

「お降りになる際は、大切なクリスマスプレゼントやケーキなど、車内にお忘れにならないようにお気をつけください」

「お休みのお客様がいらっしゃいますので携帯電話はマナーモードにしていただけますよう、お願い致します」

「本日は混み合う車内の中、お詰め合わせの上ご乗車いただきどうもありがとうございました。混雑にも関わらず、当駅時間通りの到着です。これから先も気を付けてお帰りください。」

(引用:NANERまとめ)

正直、「へぇー」って思うと同時に、自分にこのようなアナウンスができるだろうかと少々うろたえてしまいましたが、たった一言添えるだけで普段の車内放送も雰囲気が随分変わりますから「マイクも使い勝手次第」というわけですね。

「たかが車内アナウンス」と思われるかもしれませんが奥が深い話です。

【PR】あがり症克服 西村順式あがり症克服

LINEで送る
Pocket

関連記事

人気記事ランキング

新ブログの更新情報

ページ上部へ戻る